NEWS

クリスマスリース 制作レッスン 受講者募集中。
この機会にぜひ、マドラーレイクの花の世界をお楽しみください。申し込みはお問い合わせから。

      ORDER MADE FLOWER

      例えば、お気に入りのデザイナーズブランドの服があるように、自分のスタイルやその時々のTPOに合った「花」を用意しても良いのでは、と思います。
      マドラーレイクでは、一件一件のご注文に対して花材の仕入れから、オーダーメイドで対応しています。

      READ MORE

        LESSON

        季節季節の花、珍しい花材、美しい形や色との出会い、花瓶への「投げ入れ」、フローラルフォームを使っての「アレンジ」、ブーケやリース、サイズや色合わせ、内外の伝統の形や、行事・歳時の花と、続けていただくほどに、すばらしい「花」を体験していただけます。

        READ MORE

          BRIDAL FLOWER

          ビリー・ジャレッキーにブライダルブーケをオーダーする事は、ニューヨーク社交界の1つのステイタス。
          多くのセレブリティーのブライダルを担当したマドラーレイクの花は、そのままニューヨークスタイルとも呼ばれて、数々のウエディングを飾ってきました。

          READ MORE

            ANTIQUE GOODS

            トム・プリチャードがデザインした、ビリー・ジャレッキーの家を 再現した様な、ニューヨーク「SOHO」のマドラーレイクは、二人が蒐集したアンティ ークとハイテックとグッドデザインが見事に調和し、混在する空間で、「花のある暮らし」をライブで見せるギャラリーとしてNYでも知る人ぞ知る特別の場所でした。
            そんな空間を東京でも再現したいという思いで、代々木上原に小さな花屋さんを開店した南畝隆顕。お店に所狭しと並んでいるアンティークは、彼が、主にアメリカ東海岸で収集した思い出の深い品々です。小さな花屋さんには納まりきれないほどのビクトリア朝からミッドセンチュリーまでの150年ほど幅のあるアンティークの素敵な品々。
            それらを毎回テーマを決めて花と飾り、展示販売するプロジェクトを始めます!!

            STORY

            1975年 ニューヨークのダウンタウン・グリニッジビレッジに小さなフラワーショップがオープンしました。

            共に、大学を卒業したばかりの、建築家 トム・プリチャード と インテリアデザイナー ビリー・ジャレッキー の二人は、既存の花屋の花に満足できず、自分たちが自分たちの暮らしに寄り添って欲しいと思う「花」を集めた小さな店を開いたのです。
            紅茶の空き缶に入れたタンポポやスノードロップなどの斬新なアレンジは、当時の花の業界にはなかったため、人々の話題に。その人気を受けて、アップタウン・マディソンアヴェニューに移って広がった間口は、シアターへの大きな花束から小さな野の花のアレンジなどで、毎日美しく埋まっていました。

            マドラーレイクのアレンジメントは、ニューヨークのナチュラルスタイルと呼ばれます。「花そのものの美しさ」を大切に「自然の命の輝き」をより多くの人々に発見してもらえるように、と花と共に考え、そのアレンジメントがどんなTPOのためのもので、どこにどう飾られるかを意識して創り上げていく。すると、自然に花たちが輝きを増し人々を包んでくれる、「環境」としての「花」が出来上がります。
            そのユニークなスタイルで、ニューヨークの社交界、ショ-ビス界、ギャラリー、デザイナーやアーティストの私邸、などをはじめ、ホワイトハウスのクリスマスや英国からチャールス皇太子・ダイアナ妃訪米の際のステイツディナー等、プレスティージブランドとしての任をいただいて、今に至っています。

            マドラーレイク代表 南畝 隆顕(のうねん たかあき)

            南畝隆顕(NOUNEN TAKAAKI)PROFILE

            奈良県の老舗の羊羹屋に生まれる。
            京都市立芸術大学 工芸科(染色専攻)、京都市立芸術大学大学院 美術研究科ヴィジュアルデザイン卒業。
            奈良・法華寺のいけばな 小池御流 師範拝免。
            テキスタイルデザイナーとして「ヨーガンレール」「アントロジー(NUNO)」を経て、アメリカのインテリア業界に進出、独立。
            そのコレクションが、トムプリチャード、ビリー・ジャレッキーの目にとまり、彼らの家を再現したような「SOHO」の店と出逢う。
            そこは、二人が蒐集したアンティークとハイテックとグッドデザインが見事に調和し、混在する空間で、「花のある暮らし」をライブで見せるギャラリーとしてNYでも知る人ぞ知る特別の場所だった。 その理想の空間に1分でも長く居たい!と、花の仕事に加わってその一員となる。
            95年東京・代々木上原に、NYの店を切り取ってきた様な小さなスタジオを開設。NYの店にならい、自身で集めたビクトリア朝からミッドセンチュリーまでの様々なコレクションに囲まれた空間で「花のある空間」を提案している。

            VIDEO