『花強』
            キクの仲間
   ダリア

かつて夏の庭を彩っていたダリア。
もう40年も前でしょうか、子供の頃の思い出・・・「昭和」の夏の花でありました。
そのダリアが、リバイヴァル。

一重咲き・アネモネ咲き・スイレン咲き・ボール咲き・デコラ咲き(フォーマルとインフォーマル)・カクタス咲き(ストレートやインカーブド)など、大きく分けても10グループの咲き方に。
大輪・中輪・小輪のサイズのヴァリエーションに黄色・オレンジ・赤・ピンク・白・赤紫とそれらの中間色・ミックス・グラデーション・
バイカラーなど、美しさが無数に広がっている今どきのダリアです。

長く茎−花首 を伸ばして咲くからか、−傷みやすい事もありますが、その葉を一緒に生ける事があまり無いようにも思えます。
程程の切れ込みで、踊るような微妙な非対称形の葉−真ん中の緑(から「ビリジャン」)の葉色も美しい「はっぱ」を、花を飾るテーブルのクロスの模様のように並べました。