• EVENT

「花とつながる暮らしの提案」
イベントのお知らせ

南畝隆顕が1980年からニューヨークで蒐集した、ユニークで魅力的なアンティーク コレクションを、毎月テーマを決めて、花とともに展示販売するイベントを開催します。 「花とつながる暮らしの提案」がコンセプトのマドラーレイクの世界を、ヴィクトリア朝からミッドセンチュリーまで、150年もの幅のあるアンティーク コレクションと季節の花々の組み合わせでお楽しみください。

※今後、「20世紀初期の美しいボタニカルプレート展」「ヴィクトリアン&アール・デコのピューターポット展」 「ヴィクトリアンの手仕事展」「1900年代初頭の生地展」などを予定しています。

出張生け込みや花材仕入れなどで不在のことがございます。
ご迷惑をおかけしないためにも、お手数ですが事前にご確認のご連絡をいただくことをお薦めします。

ウェッジウッド「もう一つのクィーンズウェア」と、
アールヌーボー〜アールデコに生まれた食器たち

同時展示 : J. J.グランヴィルのエッチング額装 / 17世紀の美しい噴水画

南畝隆顕がアメリカの古物市やアンティークショップで見つけたコレクションには、日本未発表のものが多くあります。今回はその中から、日本にもファンの多いウェッジウッドの逸品と、アールヌーボー期のアビランド製デミタスカップなどを展示販売します。いずれも、現在ではめぐり逢うことすら稀な貴重なものばかり。この機会をぜひお見逃しなく。

line

日本未発売、1900年代アメリカのウェッジウッド

1900年代アメリカのウェッジウッド

ジョサイア・ウェッジウッドによって1759年に設立された、英国を代表する陶磁器メーカー「WEDGWOOD」。その実用と芸術を兼ね備えた、上質で洗練されたスタイルに魅了されている日本人も少なからずいることでしょう。

今回マドラーレイクでは、アメリカで見つけた「クィーンズウェア」「エトルリア」の二つの印が押されている「もう一つのクィーンズウェア」を展示販売します。もちろん日本未発売です。

元来の「クイーンズウェア」は、透明な釉薬がかかったクリーム色の陶器で、1762年に開発生産が始まりました。その美しさから英国王妃シャーロットを魅了、1765年に「クィーンズウエア(女王の陶器、Queen's Ware)」の名称使用が許された創業期を代表するシリーズです。

このクィーンズウェアは、ヨーロッパのみならずアメリカ大陸にも出荷されました。このような事業の成功、発展にともない、ジョサイアは1769年 に工場をイギリス中西部のニューカッスル・アンダー・ライム(Newcasyle-under-Lyme)とハンレー(Hanley)の中間の地に移転、この地をエトルリアと命名し、工場名もエトルリア工場となりました。ちなみに、エトルリアとは紀元前8〜6世紀、イタリア半島中部に存在した都市国家郡の名前です。

このエトルリア工場において、ジョサイアによる数千回の実験と研究の末1775年に誕生したのが、ウェッジウッドの代名詞とも言える「ジャスパーウェア」です。磁器に近い薄さと堅牢さ、実用性と装飾性を両立させた近代工業製品であると同時に古典的なスタイルの工芸品でもある「ジャスパーウェア」は、ヴィクトリア期の英国の繁栄や、資本家階級の台頭、古代の遺跡の発見発掘による古典的装飾の流行に合致して、ヨーロッパ中を席巻。模造品も盛んに制作され、一世を風靡しました。

「もう一つのクィーンズウェア」は、このジャスパーを彷彿とさせる古典的な美しいエンボスの装飾を身に纏いながらも、透明釉が掛けられた軽量で薄い生地、堅牢さと品格を兼ね備えたシリーズです。アメリカではアンティークのクィーンズウェアと区別するために「エンポスド」という装飾技法の名称を付けて区別されています。

  • ID : 1904-01

    ポット

    • 価格 : 23,000円 (税別)
    • 高さ : 180mm / 幅 : 200mm
    • 在庫数 : 1
  • ID : 1904-02

    ケーキ皿

    • 価格 : 7,500円 (税別)
    • 直径 : 210mm
    • 在庫数 : 2
  • ID : 1904-03

    • 価格 : 18,000円 (税別)
    • 直径 : 265mm
    • 在庫数 : 1
  • ID : 1904-04

    ケーキ皿

    • 価格 : 12,000円 (税別)
    • 直径 : 250mm
    • 在庫数 : 3
  • ID : 1904-05

    パン皿

    • 価格 : 5,000円 (税別)
    • 直径 : 160mm
    • 在庫数 : 2
  • ID : 1904-06

    カップ&ソーサー

    • 価格 : 15,500円 (税別)
    • 高さ : 65mm / 直径 : 146mm
    • 在庫数 : 3
  • ID : 1904-07

    カップ&ソーサー

    • 価格 : 12,500円 (税別)
    • 高さ : 65mm / 直径 : 146mm
    • 在庫数 : 3
  • ID : 1904-08

    カップ&ソーサー

    • 価格 : 12,500円 (税別)
    • 高さ : 180mm / 幅 : 200mm
    • 在庫数 : 1
  • ID : 1904-09

    カップ&ソーサー

    • 価格 : 17,500円 (税別)
    • 高さ : 65mm / 直径 : 146mm
    • 在庫数 : 3
  • ID : 1904-10

    クッキー皿

    • 価格 : 3,000円 (税別)
    • 直径 : 130mm
    • 在庫数 : 4
  • ID : 1904-11

    オーバル皿

    • 価格 : 23,000円 (税別)
    • 奥行 : 280mm / 幅 : 368mm
    • 在庫数 : 1
line

アビランド社製デミタスカップ

フランスの陶磁器の代名詞とも言えるリモージュ磁器。ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏のリモージュとその周辺で生産される磁器の総称で、250年近くの歴史があります。薄手の素地を白色釉薬だけで焼き、その上に絵付けしてさらに焼き付けるというリモージュ独特の手法は、19世紀後半に確立されました。

今回は「リモージュ磁器黄金期」とも評されるその頃に制作されたアビランド(Haviland)社製のデミタスカップを展示販売します。

愛らしい木苺柄と山吹柄は、いずれも「印判手彩色」という技法により絵付けされたもの。この技法は、エッチング版画で紙に刷られた金彩の線描き模様を、白色釉薬で焼きしめられた器に貼って一度焼き、写し取った金の輪郭線の中に手で彩色を加え再度焼成して作られた19世紀後半の典型的な半工業化、半手仕事の量産製造方法です。

この頃から多くの製陶所が窯印をつけるようになってきたと言われており、今回お出しするものにも、窯印や社名印のあるもの、ないものが混在。印のあるものには、Charles Field Haviland (アビランド窯創始者の甥)を表すCFHや、Gerard Dufraisseix & Morelという合名社を表すGDMが刻印されていて、いずれも1882〜1890年の間に製造されたということがわかります。

くっきりとした輪郭や彩色は、当時多くの芸術家たちに影響を与えていたジャポニスムを伺わせ、持ち手の蔦の絡まる枝の意匠は、やはり当時ヨーロッパを中心に開花しはじめていたアールヌーボーの萌芽を彷彿とさせます。

  • ID : 1904-14

    左 : 「山吹」柄 デミタスカップ

    • 価格 : 8,000円 (税別)
    • [カップ] 口径 : 63mm / 底径 : 43mm / 高さ : 55mm
    • [ソーサー] 直径 : 113mm / 高さ : 19mm
    • 在庫数 : 1

    ID : 1904-15

    右 : 「木苺」柄 デミタスカップ

    • 価格 : 8,000円 (税別)
    • [カップ] 口径 : 63mm / 底径 : 43mm / 高さ : 55mm
    • [ソーサー] 直径 : 113mm / 高さ : 19mm
    • 在庫数 : 1
line

同時展示

J. J.グランヴィル 植物擬人化エッチング印刷の額装

19世紀前半のフランスで活躍した諷刺画家・挿絵画家のJ. J.グランヴィル(J. J.Grandville / 1803-1847年、本名 Jean Ignace Isidore Gerard)の没後に刊行された作品集『Les Fleurs Animee(花の幻想)』から、縮小版として再販されたものを一題ずつ額装しました。

フランス北東部ナンシーに生まれたグランヴィルは、細密画家であった父から絵の手ほどきを受け、成人後、パリへと出ます。1827年、リトグラフによる諷刺画シリーズ『Les Tribulations de la petite propriete』で注目を集めた彼は、1829年に制作した人獣戯画『当世風変身譚(Les Metamorphoses du jour)』で名声を確立。その後、諷刺新聞『ラ・カリカチュール(La caricature)』などへ諷刺画を寄稿し、政治諷刺の世界で活躍します。しかし、1835年に政治諷刺画に対する検閲法が施行されたことから活動の場を挿絵の世界に移行。以降『ラ・フォンテーヌの寓話』(1838年)、『動物たちの公私にわたる生活の情景』(1842年)、『もうひとつの世界』(1844年)と作品を発表していきます。この頃になると辛辣な諷刺性や奇抜なイメージはやや後退し、今回の『Les Fleurs Animee』や、同じく没後出版された『星々』(1849年)のように、美しい女性を花や星に見立てたロマンチックで幻想的な世界を描くようになります。晩年は精神を患い43歳で夭逝しましたが、あとに続くあらゆる芸術家へ影響を及ぼす独自の世界を短い生涯の中で創り上げました。

  • 価格 : 各 1,500円 (税別)
  • 高さ : 152mm / 幅 : 113mm
  • 在庫数 : 各1

  • オジギソウ
    ID : 1904-16

  • ヤグルマソウとケシ
    ID : 1904-17

  • ニチニチソウ 日めくり風
    ID : 1904-18

  • チューリップ 姫 トルコ風
    ID : 1904-19

  • バラの女王
    ID : 1904-10

  • マメの花
    ID : 1904-21

  • ヨモギ酒造り(アブサン)
    ID : 1904-22

  • 植物蒐集家の誘拐
    ID : 1904-23

  • アストランチアとノゲシ
    ID : 1904-24

  • 不明
    ID : 1904-25

  • ヒマワリ道化師
    ID : 1904-26

  • タバコの花
    ID : 1904-27

  • オモダカ屋 女優
    ID : 1904-28

  • 花鋏
    ID : 1904-29

  • スイレン 尼
    ID : 1904-30

  • ザクロ娘
    ID : 1904-31
line

同時展示

17世紀のセレブ感漂う、1600年代 噴水のカタログ

噴水のカタログ

ローマ時代からの伝統もあり、イタリアから始まった装飾噴水は、16、17世紀ヨーロッパの 教皇や王公貴族の宮殿、庭園、都市の広場で一大ブームになりました。このエッチング版画の噴水図は、銅のパイプ技術を使って工業製品として噴水が量産化されていくという過程を示す珍しい受注用の見本帳です。

30年ほど前、南畝隆顕が見つけて購入したロンドンの版画商は「半世紀後の1682年に建設されたヴェルサイユ宮殿で採用された工房の見本帳」と言っていました。
来歴はともかく、大型噴水のカタログという17世紀のセレブ感がおもしろい版画です。

  • 価格 : 75,000円 (税別・額代別)
  • 高さ : 152mm / 幅 : 113mm
  • 在庫数 : 各1

  • ID : 1904-32

  • ID : 1904-33

  • ID : 1904-34